TEL:0985-63-1321

※時間外診療についてはお問い合わせください

※休診日:日曜・祝祭日・年末年始

地域医療連携室

Community Medicine

地域医療連携室

松川 久美子さん
「患者さんのために良質の医療を的確・迅速に真心を込めて提供する」という病院理念に沿って、「患者さんや地域にお住まいの方が、安心して適切な医療・福祉サービスを受けられるよう」地域の医療機関や、各関係機関(福祉施設、行政組織)の皆様と円滑な多職種連携を図り、患者さんやご家族の方の意思を第一に考えて支援を行っております。
また『入退院支援の取り組み』としまして、専任の医療ソーシャルワーカーに加えて、退院支援看護師を配置致しました。入院時より早期介入を行い、また医療依存度の高い患者さんも安心して地域で暮らせるよう支援し、相談して良かったなと思える、信頼していただける連携室を目指しております。

地域医療連携室 松川 久美子

地域連携室 地域包括ケアシステム
なでしこプラン

当院は、「恩腸財団 済生会」設立の理念である、生活困窮者に対する医療相談や支援を行なっております。そのひとつが、当院での医療費を (患者様自己負担分の一部または全額)減免する「無料低額診療事業」です。

利用対象
生活が困窮している、または低所得の状況(当院での基準があります)にあり、医療費の支払いが困難な方

無料低額診療事業の利用が困難な場合(非該当)でも、他に活用できる社会資源の提案、必要な情報提供など専門の職員(医療ソーシャルワーカー:社会福祉士)による相談が可能です。

無料定額診療 事業チラシはこちら 生活困窮者支援 事業チラシはこちら
患者様、ご家族様へ

療養中に生じる様々な心理的・社会的・経済的問題について、患者様やご家族と共に考え、解決へ向けて必要な相談支援を専門職員(医療ソーシャルワーカー:社会福祉士)が担っております。ご利用の際は、スタッフまたは患者相談支援室⑪番窓口までお申し出ください。

  • 療養(医療費負担や休職など)により生じる経済的な問題
  • 退院後の生活について、要介護状態、認知症、障がいなどにより不安がある
  • 生活困窮者支援事業(訪問健康相談)や、無料低額診療事業について
  • 介護保険、障がい者手帳、障がい年金、公費医療などの各種社会保障制度について
  • その他療養に伴う困りごとや、ご意見ご要望などに関するもの

玄関から受付にまっすぐ進み左手にまわります。

右手に、地域医療連携室11番窓口患者相談支援室

関係機関の皆様へ

「患者さんや地域のお住まいの方が、安心して適切な医療福祉サービスを受けられる」よう、医療機関や関係機関(福祉施設や行政をはじめとする皆様)との円滑な連携を図って参ります。

  • 受診・受療相談(転院調整など)
  • 当院の医療機能(外来診療など)についての問い合わせ
  • 医療費相談が必要な患者様のご紹介(無料低額診療事業の適応について)相談
  • 在宅医療(訪問診療、訪問リハビリテーション、医師・薬剤師・管理栄養士による居宅療養管理指導など)導入について
  • 関連施設(宮崎県済生会居宅介護支援事業所、訪問看護ステーションなでしこ日向)ご案内

お問い合わせ先

受付または相談窓口までお声かけください。


済生会日向病院 地域医療連携室

TEL 0982-63-1321(代表) FAX 0982-63-8010(地域医療連携室直通)

TOPへ